バイク

2014年6月16日 (月)

小浜方面へツーリング。

告知:これからの出張似顔絵描きの予定。6月22日(日)佐賀県立美術館で開催中のポーラ美術館展・ミュゼマルシェ、6月29日(日)ゆめタウン佐賀さんに出店します。


梅雨入り宣言したものの、いっこうにまとまった雨の降る気配の無い6月半ばの今日、長崎県の小浜へツーリングに行ってきました。

天気は薄曇りで、朝はやや肌寒い感じでしたが、ピーカンだと気温が上がり過ぎるのでツーリングにはちょうどいいです。


1

午前8時に佐賀県総合運動場駐車場に集合。
途中参加のメンバーと合流しながら鹿島市に。


2

今日はおよそ20台ほどの参加でしょうか。


さらに長崎県の諫早を目指します。


3


何かと問題になっている、諫早湾干拓道路の中ほどにあるパーキング・エリアで休憩。
ちなみに、写真向かって右は有明海(海水)、左は農業用水池(淡水)です。

そこから10分ほど走った所にあるうどん屋さんに到着したのが11時少し前。

4


人数が多いので、ピーク時をずらして早めに昼食です。

45


ここの名物はゴボウ天うどんだそうなので、それを注文。もともとみそ猫堂はゴボウ天うどんが好物なのです。

それにしてもデカイ!いなり寿司が小さいのではなく、うどんがデカイのです!

満腹になって、次は雲仙方面にバイクを走らせます。

5

この辺りまで来ると、気温がぐっと下がります。

雲仙岳には向かわず、雲仙の温泉街を抜けて小浜温泉を目指します。
途中、雲仙の地獄界隈を通ったら、もうもうとした硫黄臭い湯気が道路にまでたちこめていて、走りながら咳き込むほどでした。

6

そうこうしているうちに小浜温泉に到着。
訪れるのは数年ぶりなのですが・・・・・何だか人が多い!

小浜温泉といえば、雲仙にくらべて知名度が低くマイナーな印象だったのですが・・・

7

いつの間にかただの海岸だった所に広場や蒸気蒸しの施設が作られていて、けっこうな賑わいです。

8

足湯もあったので、みそ猫堂も入ってみました。

9

この足湯が、やたらと長くて100m以上はありそう!
老若男女、たくさんの人たちが足湯を楽しんでいました。

不思議なもので、ゆったりした気分になるせいか、近くにいる知らない人と世間話なんかしちゃいます。
このあたりが人気スポットになった秘密でしょうか?


その後、ちょっと眠気を感じつつ海岸線を通って最終休憩ポイント「道の駅 太良」へ。


10


太良はみかんの産地だけあって、売店にはみかんソフトクリームが売ってありました。

11

バイトのあんちゃんのソフトクリームを巻く技術はイマイチでしたが、味の方はサッパリとした甘酸っぱさがとても美味しかったです。


ここで記念撮影をして、あとは自由解散。


12

そういや今回自分の写真が無かったので、急遽後ろ姿を撮ってもらいました。

だいたい、ヘルメットで髪がペッタリへたれてしまうので、ツーリングの時に写真に写るのは、本当は好きじゃないんですが・・・・


ともかく、無事に帰って来れてホッとしつつ、次は足だけじゃなくて全身温泉につかりたいと思うみそ猫堂なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

暖かな一日。

昨日は、朝からポカポカ陽気。
カミさんと二人でカミさんの実家に行って来ました。

カミさんは翌日のお母さんの13回忌の準備の手伝いのついでに、家庭菜園の高菜を漬け物にする準備をする為、みそ猫堂はそれに便乗して久しぶりにバイク掃除をする為です。

1

これが畑から穫って来たばかりの高菜。生の高菜は思ってたよりずっとデカイです。


2

漬け物にする葉の部分を切取って天日干しをしているところ。

半日干してたら、みるみる量が減りました。

それを横目で見ながら愛車CB750の洗車。
ちゃんとした洗車をするのは今年になって初めてです。


3

ビッチや泥がこびりついたマフラーを、洗剤とピカールを使って・・・。

4

ピカピカに。


5

リアホイールは、チェーンオイルの飛沫とかで汚れが激しい所です。
ここも洗剤やらブレーキクリーナーを使い、細かい所は歯ブラシでゴシゴシ。
チェーンもクリーニングしてチェーンオイルを注します。

6

こちらもいい感じです。


当然、タンクやフェンダーも洗浄して、ガラスコート剤で仕上げます。

7

半日以上かけて、ようやく完了です。
この後、バイク屋でタイヤの空気圧も診てもらいました。

まあ、何て事無い春の一日ですが、こいう一日が過ごせる事のありがたさをしみじみ感じているみそ猫堂なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

寒波も小休止?

寒い寒い1月が過ぎ、2月に入った途端に暖かな日が続いている佐賀市周辺。

「暖かな」と言っても、一日の最低気温が2℃前後、最高気温が8℃前後なので、平年並みに戻っただけの話なんですけどね。

なにせ、最低気温が氷点下を下回る日が20日以上続くなどという、佐賀ではめったにないような寒波の連続だった1月でしたからね〜snow

まあ、新潟の豪雪地帯の事を思えば、寒いくらいですんでるだけありがたいと思わなければいけませんね。

ちなみに、なにかの調査によると佐賀県は、冬場の室内温度の平均が全国一低いんだとか?
つまり、室内温度に限って言えば、北海道や東北より佐賀の方が寒いって事です。

暖房費を節約するエコな県民性なのか、意外に寒さに強いのか?
今度は夏場の室内温度のランキングが気になります。

そんなこんなで、要はず〜〜っと寒かったので、ここ最近全然バイクに乗ってないって話をしたいのです。
1月の前半にバッテリーをあげちゃって、一応充電はしたものの、どうせまた乗らないからまたあがっちゃうと思い、バイクに組み込まないまま放置している状態です。

一昨年までは、鳥栖市に職場があったので路面が凍結しない限りは、真冬でも片道50分かけてバイクで通ってたんですが、現在の通っているサガテレビは佐賀市のど真ん中。
みそ猫堂の家からは、自転車でも25分位で行けるので、無理してバイクで行かなくてもいいのです。

カミさんがリハビリやなんかで車を使う日以外は、車でも行けますし・・・。

でもね〜、不思議なもので、日差しが少しでもポカポカしだすと、たとえ風がまだまだ冷たくてもちょっとひとっ走りしたくなるのが「バイク乗り」ってやつなんですよ。

きっと、寒い寒いと言いながらもバイクで走ってると、誰よりも早く春の気配を感じられるからなのかもしれません。

Photo

この絵は、前の愛車のトライアンフ・スプリント900Sをモチーフに描いたものですが、
そろそろ、現在の愛車CB750にバッテリーを組み込んで、久しぶりにちゃんと掃除して冬眠から覚ます準備をしようかな?

などと、ストーブ前から動かずに考えているみそ猫堂なのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

またもや糸島ツーリング!

今日は久しぶりのツーリング。

季節的には阿蘇くらい行きたいところですが、今回は初心者の参加があるということで、近場の福岡県の糸島半島に行ってきました。

集合場所に行ってみると、いつにも増してスゴいバイクの数!
25台以上はいます。

通常メンバーの他に、友達の友達的な人も参加されたようで、知らない人も大勢混じってました。
で、取りあえず出発。

久しぶりに三ツ瀬峠を越えるルートを通りましたが、かつて地元のローリング族のメッカだった(今も?)場所だけあって、タイトなブラインドコーナーの連続に正直ビビりましたsweat01

1

峠越えして一休憩。
この後、前原方面に向かい、そのまま糸島半島に入ります。

前原は福岡市のベットタウンという事もあり、かなりの渋滞で、バイクと言えども台数が多いので思うように通り抜けられず難儀しましたが、海岸線のルートに入ってからは快調に走れました。

秋晴れの中、青い海を見ながら走るのは、やはり気持ちのいいものです。

そうそう、今回はツーリング初挑戦のグラにゃおさんが参加してます。
山道を走るのは初めてとあって、コーナーのたびにおっかなびっくり。

みそ猫堂と、ベテランライダーのYさんで前後を固めてリードしました。

で、前回も来た二見ケ浦で記念撮影し昼食。
とここまでは前回と同じですが、この後豆腐職人のKさんの案内で海の水から天然塩を作っているお店に行きました。


2


3

なかなかの雰囲気でしょう?
「にがり」を探していて見つけた店だそうです。
塩だけじゃなく「塩プリン」なんてのも売ってあって、これがなかなかの美味でした。


4

グラにゃおさんと記念撮影smile

5

今は250ccでおっかなビックリですが、いつかは大型二輪免許も取りたいそうな・・・。
試しにみそ猫堂のCB750にまたがってみると、なるほど背が高いので結構しっくり来ます。

早く一人前のライダーになれるといいねwink


6

このあと、少し戻った所にあるオーガニック石鹸のお店に寄って、カミさんに土産の石鹸を買い、一路七山越えで佐賀に帰ります。

昼間はけっこう暑かったんですが、4時過ぎて山にはいるとたちまち空気が冷え冷えとしてきます。
こういう気温の変化も、秋のツーリングならでは。

つるべ落としに日が暮れて行くのと競争するように走り、何とか明るいうちに家に帰り着きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

暑い暑いと言いながらもツーリング!

昨日は相変わらずの猛暑日だというのに唐津は呼子方面へツーリングに行ってきましたsun
朝八時に佐賀市大和町にある「道の駅 やまと」に集合したのは約15台!

ウチの他にも10台くらいのグループもいました。
走り出してからも、山道では結構な台数のバイクとすれ違いました。
この暑い中、ホントにみんなすきですねぇcoldsweats01

1


マメに休憩をはさみながら、水分補給にも気をつけながら走る事はもちろん、みそ猫堂は首に冷却ジェル入りの襟巻きを巻いて走りました。


で、「呼子ロッッジ」という所に11時頃に到着。
なかなかいい眺めの場所です。

2

レストランの開店時間まで、クーラの効いたロビーでくつろぎ、食事の後もゆっくり雑談をした後に帰路につきました。

山の上を走っている時は、そこそこ涼しかったりもしますが、下界は日差しとアスファルトの照り返し、さらに空冷750ccエンジンから立ちのぼる熱気で、脳が溶けそうでしたwobbly

帰宅と同時にシャワーで冷却。
ほっと一息という感じでした。


それにしても、昔は夏のツーリングももっと余裕で長距離走ってたんですが、いまはこれくらいで十分って感じです。
温暖化が進んだせいか、俺が歳を取ったせいか・・・。

夏の日差しの中、Tシャツにジーパンで真っ赤に日焼けしながら阿蘇の高原を走ってた頃とは、あきらかに何かが変わってしまった気がしますね〜catface

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2010年7月18日 (日)

真夏のツーリング!

梅雨明けの声を聞いたとたんに、真夏の日差しが朝から照りつけておりますが、みそ猫堂の居間のエアコンもそれにタイミングを合せたかのように故障しました!coldsweats02
リモコンに反応しないのです。まったく・・・・。
エアコン本体には何のスイッチも無いので、直接起動させる事が出来ないのでどうしよもありません。

さすがに14年も使っているので、寿命と言われても仕方ありませんが、買い替えようにも先立つモノが・・・dollarsweat01

どうしよう・・・。

閑話休題。
そんな中、今日はツーリング仲間の定例ツーリングに久しぶりに参加出来ました。
集合場所に行ってみると、予想以上のバイクの数。

1

いつものメンバーに加えて、初参加のゲストメンバーが多数参加されたようです。
考えてみれば梅雨明け最初の日曜日。
走りたくてウズウズしていたライダーが大勢いるのは当然の事でしょう。


2

こんなピカピカの初代CB750Kも来てました。およそ40年前のバイクです。
オーナーは何と25歳の青年!
そうとうお金が掛かってると思います。


3

午前9時に佐賀総合グラウンド駐車場を出発して、武雄の「県立宇宙科学館」で残りのメンバーと合流したら総勢28台の大所帯となりました!

今回のツーリングは、高速道路無料化の社会実験とやらで一部の高速道路が無料になってるのを利用して長崎県の西海町にある「舟番所」というバイキングレストランでランチしに行くのが目的です。

武雄インターから佐世保大塔インターまでの区間を高速に乗りましたが、久しぶりの高速道路は、何か波に乗れずにイマイチペースが上がりません。
ま、何より安全第一ですからのんびり行きました。

それでも、さすがに高速道路を使って行くと正味2時間ほどで西海町に入れます。
その昔、「空の大怪獣 ラドン」が下をくぐって飛んだせいで倒壊した事のある西海橋を通り過ぎ、
ハウステンボスより手前で右折してしばらく行くと、目的地の海の駅「舟番所」に到着です。

4

わりとこじんまりとしたお店ですが、お寿司や刺身も食べられるバイキングレストランとあって、かなり繁盛しているようです。

5

テラス席を占領して、暑い中バイク談義に花が咲きます。

「梅雨の間にグローブとヘルメットにカビが・・・。」とか

「今夜はバイトだけど、久しぶりに走りたかったから来ちゃった・・・。」とか。

すぐ側が海なので、ロケーションは最高です。


6

空と海の青さがまぶしい程で、これでビールが飲めたら最高だったんですけどねぇ・・。

腹一杯になったところで、帰路に。
それにしても暑いのなんのsun
わりと早めの帰宅になりましたが、かなり疲れました。

昨日告知したように、明日はゆめタウン佐賀さんでの似顔絵描きなんですが、これほどの暑さであれば、けっこう沢山の人が涼を求めて来てくれそうな気がします。

繁盛するといいな〜wink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

やっとツーリング行けました!

ここ数ヶ月、土日のほとんどを出張似顔絵描きに行っていたために、ずーっとツーリングに行けませんでしたが、昨日久しぶりに走ってきましたhappy02
ウチのチームの定例ツーリングは毎月第三日曜なのですが、今月はその日も出張似顔絵描きなので、昨日何人かの仲間に声をかけて付合ってもらいました。

朝九時に佐賀県総合グラウンドの駐車場に集合したのは、ブログにも時々来てくれるドラドラさんと、Yさん、Nさんの3人。それと、この日は法事で参加出来ないチームリーダーのIさんが見送りに来てくれました。

しばし談笑の後、Iさんに見送られて4台で出発。国道263号線を北上し、大和町から国道323号線に移り富士町の古湯温泉、七山村を経由し唐津市の浜玉町を目指します。
あいにく、晴天とはいきませんでしたが、ゆるゆると続くワインディングを軽いペースで流していると山の木々の清々しくも濃密な匂いがしてきて、思わず走りながら深呼吸していまいました。
五感すべてが刺激されるこの感覚こそがツーリングの醍醐味sign01
ウキウキしてきますhappy02

浜玉町から海岸線を福岡県に入り、糸島市二丈町の姉子浜のPAで休憩です。
1
ここはよくサーファーやライダーが利用するので、小さいけどいつも賑わっています。
懐かしのHONDA CB 550に乗るYさんも地元の方に声かけられてました。


その後、国道202号線から糸島半島に入り今回の目的地「芥屋の大門」と呼ばれる玄武洞がある海岸に到着。初めて来る場所なのでどんなもんかよく知りませんでしたが、これがなかなかの絶景でした。

2
海岸の近くには「大祖神社」というお宮があり、なかなか歴史がありそうです。

3
古い絵馬も奉納されており、地元の方々の信仰を集めていることが感じられます。

4
さらに、海岸に向かって鳥居があり、海から神様が来られるという意味があるように感じました。


5
ここがその鳥居の向こう側。「芥屋の大門」をバックに記念撮影。


7
海岸から険しい山道を180mほど登った所にある展望台から観た「芥屋の大門」。

6
ドラドラさんも「こんな所初めてきました〜!」と感心しています。


そのご、志摩サンセットロードと呼ばれる海岸線を通り、途中の海沿いのお店で昼食。
観光地料金で味の割には高かったですが、長時間居座ってのんびり四方山話に花を咲かせます。
昔のバイクや車が好きだというドラドラさんは、おっちゃん達の昔話も楽しそうにノってくれます。

そしてもう一つの目的地「二見々浦」へ。

75
二見々浦って、三重県の伊勢が有名ですが、九州にもあるんですね〜。
けっこう全国に何カ所もあるのかも?


8
夫婦岩をバックに記念撮影。
引き潮の時には、この夫婦岩と海岸の鳥居が地続きになるそうです。

帰路は、半島の残りをぐるっと廻って、今宿交差点で右折し、前原から雷山を越えて佐賀県の富士町に向かう山道です。舗装はされていますが、林道にちかい狭いクネクネ道なので、アメリカン(今はクルーザーって言うらしいですね)のドラドラさんは大変そうでしたが、無理しないペースで走りましたので、無事越えることが出来ました。
「目がまわるぅ〜wobbly」って本人は言ってましたが・・・smile


9
法事の後、三瀬トンネル界隈を走っていたというIさんと「マッちゃん」というなぜかやたらお客さんの多い地元物産館で落ち合い、今日のツーリングのネタで盛り上がった後に解散となりました。

みそ猫堂の都合に合わせて付合ってくれた、Yさん、Nさん、ドラドラさんありがとうございましたm(_ _)m
わざわざ見送りとお出迎えに来てくれたIさん、ありがとうございましたm(_ _)m

おかげで久しぶりに、楽しくツーリングできましたhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月31日 (水)

CB750の収納力強化。

セローを手放したので、CB750をより汎用性の高い状態にする必要に迫られました。

ちゅーか、荷物を積んで仕事に使う可能性が増えたので、リアポックスを付けるってだけの話なんですがね・・・。

1
まずは綺麗に洗車。ずーっと放ったらかしでしたからねぇcoldsweats01


2
このガラスコート剤は使い方が簡単で、耐熱性もあるのでタンク以外にマフラーとかにも使えて、とっても便利です。


3
マフラーも「ピカール」で磨いてガラスコートしたのでピカピカです。


4
サスケが興味深げに見ています。


5
リアホイールは、チェーンオイルの飛沫なんかで頑固な汚れが付いてましたが、洗剤と「ブレーキクリーナー」を使って綺麗にし、シリコンスプレーでコートします。


6
洗車が終わったら、荷台を取り付ける準備。HONDAの純正品は高いので、ネット通販で比較的安い物を購入しました。リアボックス受け用のステーも同時に取り付けます。


7
こんな感じです。思ってたほど違和感は無いです。


8
着脱式の大容量リアボックスを装着してみます。
メーカー品は3万円以上と高価なのでとても手が出ません。
ネットで探した激安品(約3,500円!)を購入しました。見るからに安っぽいですが、一応ちゃんと使えるみたいです。


9
仕上げに、以前ボディコンバット仲間でオリジナルグッズを作った時に、プリント屋さんがおまけで作ってくれたシールを貼りました。
マークの原案はニュージーランドの先住民のアクセサリーで、「愛」という意味があるそうです。
どこかで、このマークの付いたCB750を見かけたら、お気軽にお声がけ下さいねwink

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

さらばセロー。

1


先日より手放す事を記事にしていたみそ猫堂のセカンドバイク「ヤマハ セロー250」が売れました。

バイク仲間であるF君があれこれ骨を折ってくれたおかげで、F君の友人のTさんが買ってくれる事になり、昨日Fくんと二人でセローを引き取りにみえました。

話を聞くと、以前原付バイクには乗っていて、中免を取りアメリカンかネイキッドに乗ろうと考えているところを、セローの良さに惚れ込んだF君が説得してくれたそうです。

3

オフロードバイクは念頭になかったようですが、長年ライダーをやっている身からすると、中型免許を取って最初に乗るバイクとしては、セローはまさにうってつけのバイクだと思います。
初めて乗るバイクがあまりアクが強いと、段々乗る事に疲れてきちゃって、そのうちバイクそのものが嫌になってしまう事がたまにあるようです。

その点、セローは実に乗りやすく使い勝手が良いバイクなので、まるで自転車に乗るような気軽さをラライダーに与えてくれます。
気軽に乗れる事でバイクに乗る機会が増え、その分上達も早いのです。

Tさんは実直そうな青年で、セローをきっかけにバイクの楽しさをぜひ味わって欲しいと思いました。
そのうち一緒にツーリングにも行けるでしょう。
いい人に譲る事が出来て、みそ猫堂もホッとしています。


2

思えば、片道30km程の通勤用として、気楽に燃費良く走りたいと思って購入したバイクでした。
スタイルの良さも気に入ってました。
実際に使ってみると、本当にストレス無く走れて、雨の日や夜道も比較的楽に通勤出来ました。
あっと言う間に3万キロ走ったって感じです。

残念なのは、ほとんど街乗りばかりで、林道ツーリングをやってない事です。
せっかくオフ車に乗ってたのに、勿体ない限りです。
いつかまた、オフロードバイクを手に入れる事が出来たら、今度こそ林道ツーリングに挑戦したいと思います。


4
去って行くF君、Tさん、そしてセローを見送りながら、新米ライダーにかつての愛機がすばらしいバイクライフを与えてくれる事を祈りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

セローの見学者。

今日は、バイク仲間のF君がセローを見学に来てくれました。
セローの状態を自分の目で確認した上で、友達に購入を勧めようか考える為です。

彼自身は、ホンダのCBR1000とXR250に乗っていて、仲間にオフ車乗りがいれば楽しいのにと思っているみたいです。
俺がセローを手放す事をしきりに「もったいないっすねぇ〜!」と言ってくれます。

ちょうど彼がXR250で来てたので、お互いのバイクをちょっと乗り比べてみました。
A

XRは、さすがにスポーティな味付けで、加速もパワフルで同じ250ccのオフロードバイクでも、随分セローとは乗り味が違ってて面白かったです。

F君はF君で、セローの足付きの良さと、低速での粘りとバランスの良さに感心していました。
「自分が買いたいくらいです!」って言ってましたが、いくら独身貴族とはいえ、3台もバイクがあったら大変ですからね〜coldsweats01

しかし、バイク乗りなら多くの人が思う事ですが、色々なバイクを複数台所有して、その時々の気分や行き先に応じて使い分けるという、「タイムボカン」のような生活は憧れです。


B

F君が帰る前に、セローとCB750とXR250で記念写真を一枚。

早くセローに良い買い手が現れるのが、今の望みですが、いつかまた複数のバイクを所有して、
幅広いバイクライフを楽しめるようになる事が本当のみそ猫堂の望みですconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)